裁断機の刃研ぎをする

刃こぼれしたら刃研ぎを

裁断機の刃研ぎをする

切れが悪く

みなさんは自炊という言葉をご存じでしょうか?自炊とは自分が持っている紙の本を、電子書籍化してそれぞれの端末で読めるようにする、という作業のことを指します。
なぜ自炊と呼ばれるようになったのか解釈は様々ですが、どうやら「自」分でデータを「すい」出すことから、自すい、当て字で自炊、となったという説が有力のようです。

自炊は、特に専門的な知識が無くてもモノさえ用意すればどんどん自分の蔵書を電子書籍化していくことができるので、最近注目が高まっています。電子書籍化のメリットと言えば、沢山の本を手軽に持ち出せることや、検索が容易であること、なにより限られたスペースを圧迫していた沢山の本の処分を思い切って出来ることなどにあるでしょう。
自炊に必要なのはスキャナ、裁断機、読むための端末。これだけあればOKなのですが、スキャナと端末は良いとして、裁断機に一つ問題があります。それは、使っていくうちに性能が落ちるという点です。なまった刃や刃こぼれした刃ではスムーズな作業が出来ません。そこで、刃研ぎをして再び切れ味を復活させましょう。交換ではなく刃研ぎ?と思われるかもしれませんが、意外とこの替え刃、高く付くのです。最近は裁断機の刃研ぎも扱っている刃研ぎ業者も増えてきました。それだけ自炊の波は広がっているのでしょう。

what's new

2013/03/21
受け木を更新。
2013/03/21
依頼の手順を更新。
2013/03/21
危険性を更新。
2013/03/21
作業効率を更新。
2013/03/21
トップページを更新。